お客様の声

竹パウダーお客様レポート

お客様からの声を簡潔にまとめました!

作物 使い方 効果
飼料イネ 育苗培土の代わりに使用 茎の直径が太く、普通の苗と比較しても断然違う
ホウレンソウ 竹パウダーと鶏糞を同量すき込んだ所に播種 葉が大きく、ピンと立ち日持ちがイイ。
タマネギ 竹パウダーと鶏糞をすき込んだ所に定植 実のしまりがイイ。オニオンスライスにしてみると、一口食べただけで「甘い」と感じるほどの状態。
トマト 竹パウダー堆肥をすき込み、定植し畝にマルチとして使用 茎が硬く締り、葉カビも少なく、重みが増しました。 切っても、そう汁は出てきません。ゼリーもしっかりしていて、果肉の部分が多い。空洞果も少なくなりました。
アスパラ 竹パウダー堆肥と竹パウダーそのものを半々で混ぜて、常に地面が見えなくなるように表面施用 生育は早くなり、長いシーズン収穫できるようになりました。(七月まで収穫できた)立枯病にも強くなりました。
ダイコン 竹パウダーを土にすきこむ 無農薬で満足のいくものができました。甘味が強 く、おいしいと評判。
イチゴ 畝立て時に1反10kgを入れ、定植する 甘味が増し、収獲量も増えました。
イチジク 冬季に元肥として使用、発酵鶏糞、完熟堆肥と共に使用 枝が太くて硬くなり、葉っぱも厚く、糖度も17程度上がる。
ブドウ 竹パウダーをブドウ畑に散布 糖度・表皮の艶が良いので運搬する時に傷等にも強く宅配便でユーザーの手元に届いた時も状態は殆ど変らない。
スイカ 竹パウダーを土にすきこむ 糖度計で14程度有りました。白い部分までもが甘い。注文が殺到しました。
竹パウダーを柿の木の土に混ぜた つぼみが例年より爆発的に増え、収穫はもちろん甘さが増しました。
植物 竹パウダーを土に混ぜ込んでやりました 日照条件が良くないため、これまで植物がひ弱な感じでしたが、シャッキーンとどれもこれもが強くたくましくなり、種から育てた小苗も含め、殆ど枯れる事が無くなりました。
牡丹の花 竹パウダーを土に混ぜた 昨年まで20個ぐらいしか咲かなかった牡丹の花が、今年は何と30個以上の花が咲きましたよ。

お客様からの嬉しいメッセージが届きました

トマト

定植後、ウネ上に敷き詰めています。根の張りがよくなり、病気に強くなりました。実も大きくなります。化成肥料でつくるとどうしても実の中の汁が多くなって、軽くなります。空洞果も多い。
しかし、竹パウダー堆肥を使うと、明らかに重みが違います。切っても、そう汁は出てきません。ゼリーもしっかりしていて、果肉の部分が多い。空洞果も少なくりました。

アスパラ

竹パウダー堆肥と竹パウダーそのものを半々で混ぜて、常に地面が見えなくなるように、しょっちゅう表面施用しています。これで雑草が生えてこなくなりました。もし生えてきても抜くのがラクになりました。アスパラの生育は早くなり、長いシーズン収穫できるようになりました(普通は五月いっぱいで終わりのところ、七月になっても収穫できた)。立枯病にも強くなりました。

トマト、ナス

梅雨明けと同時に猛暑になってまいりました。
お陰さまでトマト、ナス、は元気に育っております。
トマトは、どの苗木も170cm以上になりナスは、特に長いナスも170~180cmですこぶる成育が良いです。
トマトは、5段目も花が、結実してくれそうでやはり竹パウダーのお陰なのでしょうね、
あれだけ雨の多いシーズンにも病気もなく、青枯れや実の尻ぐされも一本も有りませんでした。このままトマトは、実全てを食べれそうで喜んでいます。雨量が、多かったので味は、少々淡白なのが残念です。今後は、水やりをすることを控え、味が濃くなるのを願っています。トマトは、1日に15個前後収穫してすぐに朝食のテーブルにのせています。

観葉植物

観葉植物が瀕死の状態。竹パウダーをすすめられ使用したところ、最も危機的だった窓際のミュージック・オブ・インディアですが、竹パウダー散布以来、葉が1枚も落ちません♪
それまで、毎日の様に落ちていた葉だったのですが・・・。
春の暖かさアップとともに、新芽が出てくることを期待して引き続き、観察いたします。

花壇・鉢植え分(3鉢中2鉢)に散布後2日後位に何か葉っぱが青々して勢いがついてきている感じ・・・・
寒風の中で 元気がなかったのに驚きです。
残りの1鉢とは歴然と差が有ります。3日前に1鉢散布しましたら同じく元気が出てきているようです。

観葉植物

へたり気味の観葉植物に蒔きました。
蒔きっぱなしで、よく観察していなかったのですが、改めて、よーーーく見てみると。
なんだかツヤっぽくなってるし、綺麗な色になってるし、葉っぱがピンとしてるし。
魔法にかかったようでビックリしました。

ダイコン、ナス、トマト、トウモロコシ、キュウリ、サトイモ

野菜の出来が急に変わったのは三年前。
ダイコンは包丁を入れるとザブッという感じで切れ、煮るとやわらかく、煮崩れしない。生のままかじってみると、みずみずしく、ピリッという辛味が気にならないくらい甘い。
ナスもやわらかくなって、焼き物・煮物・漬物すべてイケる。
トマトもトウモロコシも甘い。
キュウリは実の芯のところがなかなか白くならない(水分がぬけない)。味よりも先に、畑での育ち方からして違っていた。グングンと上に伸びるのではなく、根が下にギューッと入っていく感じ。
ダイコンはまっすぐ長くなり、二股が皆無になった。
ナスは実が着いたらすぐ太るようになり、採り遅れが増えたが、どういうわけか、まったくタネが入らない。
サトイモは大きくなってもガシガシにならず 、ヌルリとやわらかい。
そして、もともとのねらい通り、本当に農薬を使わないで野菜が採れるようになった。
トマトやナスはモー( 青枯れ)がなくなり、ダイコンはセンチュウ害がなくなった。アブラムシもモンシロチョウもナメクジも、雑草まで減った。
唯一の問題は味のよくなったモモの実が毎年ドロボーに持っていかれることくらい。
「みんな竹のおかげ」。 三年前、野菜作りに使う資材を竹に由来するものばかりにし、竹粉は発酵する状態で畑に使います。

ページの先頭へ