実例

土壌改良剤竹パウダー使い方

使用上の注意

竹パウダーの発酵・保管期間は1年以内として下さい。

オルトランなどの殺虫剤との併用は絶対にしないで下さい。

竹パウダーに含まれている善玉菌のバクテリアが死滅します。少なくとも4~5日は間隔を取って下さい。

畑で栽培 1.土の中にすきこむ場合

①畑に一作物の完熟堆肥を散布する。
②トラクター等で良く耕転させる。
③油かす等の肥料を散布する。
④竹パウダーを均一に散布する。
  〔基 本〕 50g/1㎡
  〔夏野菜〕100kg/一反歩(10a)
  〔冬野菜〕 50kg/一反歩(10a)
⑤散布後散布した部分を良く耕転する。
⑥耕転後1週間程度後に苗を移植(または、種蒔き)をする。
  野菜栽培においては肥料との併用をお勧めします

追加散布

●竹パウダーを表面に散布後、土等を覆土する。
●土及び堆肥、ぼかし肥料に竹パウダーを混合し散布する。

作業の様子の写真

畑で栽培 2.土にそのまま覆う場合

苗の高さと同じぐらい苗の周りを開けて竹パウダーを撒いてください。

解説図

稲作栽培

稲苗にも

表面を覆ってください。
※箱苗は水平に保つよう注意(流れてしまうため)

①田植え1~2週間前の荒掻き時に竹パウダーを均一に散布
〔基 本〕 50g/1m2
②散布後散布した部分を良く耕転する。
③田植え後1週間後辺りで水面を覆うように竹パウダーを散布する事によって雑草抑えの効果があります。

作業の様子の写真

果樹栽培

みかん・梨・ぶどう・リンゴ・キウイフルーツ・柿などの果樹は
竹パウダーのマルチングが有効です。
果樹の根元ではなく約30cm離して散布してください。
〔基本〕70kg~80kg位/一反歩(10a)

解説図

花壇で栽培

花壇の写真1

①竹パウダーを均一に散布する。
②土によく混ぜ込む。
③1週間程度してから、苗を植えつける。

すでに植えている場合

根元をさけて、竹パウダーをパラパラと蒔いてください。

花壇の写真2

プランターや鉢で栽培

土に混ぜる写真

土に対して、1割程度混ぜてください。

すでに植えている場合

根元をさけて、竹パウダーをパラパラと蒔いてください。

鉢植えの写真

室内の観葉植物

根元をさけて、竹パウダーをパラパラと蒔いてください。

竹による消臭効果もありますので、
室内の臭いも解消され、まさに一石二鳥です。

観葉植物の写真

ページの先頭へ